SKY NOTES in TOKYO

東京の週間天気予報を分析します。

平成30年7月1日(日)~7月7日(土)の東京週間天気

「今朝の空」

f:id:ise_ebi11082:20180701051225j:plain

下の表は、平成30年7月1日朝5気象庁発表、東京の週間天気予報です。6月中に梅雨明けという記録的な夏の始まりの今年の関東ですが、このままでは水不足になってしまうのでは?梅雨の戻りはあるのか?台風7号の影響は?日毎に細かく見ていきます。  

f:id:ise_ebi11082:20180701050809j:plain 

 【7月1日(日)】

本州全体がすっぽり太平洋高気圧に覆われ、よく晴れる見込みです。

【7月2日(月)】

引き続き太平洋高気圧に覆われて、晴れるでしょう。

【7月3日(火)】

太平洋高気圧の勢力やや弱まり、湿った空気と昼間の昇温で大気の状態が不安定となりるため、夕立の降る所があるかもしれません。

【7月4日(水)】

台風7号から変わった温帯低気圧日本海に進んできます。関東には直接の影響ないものの、太平洋高気圧の勢力が弱まり、雲広がりやすくにわか雨が降るかもしれません。

【7月5日(木)】

関東付近は太平洋高気圧の縁辺部となり、湿った空気が入りこむため、雲広がりやすくにわか雨の可能性も考えられます。予報変わってくるかもしれません。

【7月6日(金)】

まだ予想が安定しませんが、日本海沿岸付近に前線停滞する予想に変わりました。雲広がりやすそうです。予報変わってくるかもしれません。

【7月7日(土)】

やはりまだ予想が安定しませんが、日本海沿岸付近に前線停滞傾向の予想に変わりました。雲広がりやすそうです。予報変わってくるかもしれません。