SKY DIARY IN TOKYO

明後日の東京の天気を分析します。

花冷え

おはようございます。今日2018年3月18日(日)、東京の日の出: 5時48分、日の入り: 17時51分(国立天文台HPより抜粋)です。さて、下表は今朝5時気象庁発表の東京の週間天気予報です(気象庁HPより抜粋)。

f:id:ise_ebi11082:20180318062914j:plain

【19月】九州の東海上に低気圧が発生しますが、中国大陸に中心を持つ高気圧と本州東海上に中心を持つ高気圧に阻まれて動きが遅く、この低気圧による直接の影響はない見込みです。一方、日本海から前線が南下してきます。このため、夕方からは雨の降る可能性がありますが、降っても量は多くない見込みです。

【20火】西から低気圧や前線がゆっくり近づいてきます。このため、未明から明け方にかけては、前夜の前線南下の影響で、弱い雨の降る可能性があり、その後昼過ぎまでは概ね曇りとなり、15時頃から次第に雨が降りやすくなり、夜は雨となるでしょう。東海上の高気圧から冷たい空気が流れ込むため、寒い一日となりそうです。

【21水】日本の東海上の高気圧に阻まれ、低気圧はまだ西日本に居座る見込みです。このため、やみ間もあるものの雨の降りやすい状態が終日続く見込みです。引き続き寒さが続くでしょう。

【22木】ようやく低気圧が東海上に抜けますが、まだ本州は気圧の谷の中となります。時間帯の特定は非常に難しいですが、流れとしては朝まで雨降りやすく、日中は雨上がるものの雲多く、夜遅くにかけて弱い雨の降る可能性が残りそうです。

【23金】本州は西から高気圧に覆われてくるものの、関東には気圧の谷が残ります。このため、晴れ間も出ますが、雲が多いでしょう。

【24土】早くも次の気圧の谷が近づきますが、それほど深まる予想ではなく、今のところ雲多いものの天気の崩れはないものとみます。

【昨日の天気当たってた?コーナー】4日前からは適中でした。

f:id:ise_ebi11082:20180318063027j:plain