SKY DIARY IN TOKYO

明後日の東京の天気を分析します。

8日以降ぐずつく

おはようございます。今日2018年3月5日(月)の東京の日の出: 6時6分、日の入り: 17時39分(国立天文台HPより抜粋)です。朝起きて暖かいと思ったら外気温10℃以上もあるのですね!大手町は6時現在12.5℃です。さて、下表は今朝5時気象庁発表の東京の週間天気予報です(気象庁HPより抜粋)。以下、気になるポイントです。

f:id:ise_ebi11082:20180305065314j:plain

【5月】日本海沿岸に低気圧や前線があり、今日日中関東へ南下してきます。この前線に向かって高気圧の周辺から暖かく湿った空気が流れ込み、前線の南側では大気の状態が非常に不安定となります。このため、昼頃から日が変わる頃まで雨で、夜は雷を伴って強く降る恐れがあります。

【6火】前線はさらに南下し南海上に離れるため、未明午前3時頃まで雨の残る可能性がありますが、その後天気は回復します。

【7水】北海道東海上の高気圧が張り出し、関東に冷たく湿った空気が流れ込みます。このため、曇りがちで寒い一日となりそうで、夜は小雨の降る恐れがあります。

【8木】九州の西に低気圧が発生、一方、北海道東海上の高気圧が張り出し、関東に冷たく湿った空気が入り続けます。このため、曇りで、朝夕を中心に弱い雨の降る可能性があります。

【9金】深い気圧の谷が近づきます。朝から終日、断続的に雨が降りそうです。

【10土】深い気圧の谷がゆっくり通過します。本州東海上に勢力の強い高気圧があるため、動きが遅く、終日雨の降りやすい状態が続きそうです。

【11日】深い気圧の谷がようやく東海上に抜けます。このため、はじめ雨の残る可能性がありますが、その後は天気回復に向かいそうです。

なお、8日~11日の天気は、北海道東海上の高気圧の勢力によって、気圧の谷の進み具合が左右され、タイミングがずれる可能性がありますので、最新の情報にご注意ください。