東京の空

東京の空の観察日記です。

25日雪の可能性

おはようございます。今日2018年2月21日(水)の東京の日の出: 6時22分、日の入り: 17時28分(国立天文台HPより抜粋)です。さて、下表は今朝5時気象庁発表の東京の週間天気予報です(気象庁HPより抜粋)。以下、気になるポイントです。

f:id:ise_ebi11082:20180221073502j:plain

【21水】関東東海上に低圧部が発生し、夜から翌未明にかけては、沿岸部を中心に、弱い雨雲または雪雲のかかる可能性がありますが、降ったとしても量は多くないでしょう。

【22木】前夜の弱い雨雲または雪雲が午前3時頃までかかる可能性がありますが、降ったとしても量は多くないでしょう。

【23金】上空の気圧の谷が通過するため、午前3時頃から朝9時頃にかけては、雪または雨の降る可能性があります。

【25日】本州南海上に発達中の低気圧が接近します。このため、雨雪判断の目安となる上空1,500m付近の気温はー3℃前後と微妙、地上の予想気温は1~6℃とこれも微妙です。今後の予想によって、コースやタイミングが変わってくる可能性はありますが、今のところは、午後からは次第に雪または雨が降り出し、低気圧前面の活発な雲がかかる夜からは降り方が強まる恐れありとみて、大雪や積雪への注意をしておいた方がよいと考えます。今後の情報に注意ください。

【26月】前夜の南岸低気圧は未明から明け方にかけて関東南岸を通過し、冬型の気圧配置に移行する見込みです。このため、未明から明け方にかけて雪または雨が降りやすく、大雪や積雪の恐れありとみます。