東京の空

東京の空の観察日記です。

20日雪マーク消える

おはようございます。今日2月19日(月)の東京の日の出: 6時24分、日の入り: 17時26分(国立天文台HPより抜粋)です。さて、下表は今朝5時気象庁発表、東京の週間天気予報です(気象庁HPより抜粋)。以下、気になるポイントです。

f:id:ise_ebi11082:20180219065040j:plain

【19月】九州の南海上に低気圧接近し、前面の雨雲が西日本の太平洋側にかかってきます。また、関東の南海上は低圧部となり、夜からは雲が多くなり、夜遅くから日が変わる頃には弱い雪または雨のぱらつく可能性もありますが、大きな崩れはないでしょう。

【20火】気象庁予報から☃マークが消えて一気に☀マークがつきました。南岸を通過する低気圧に伴う雪雲・雨雲は南海上が中心で東京にはかからない予想となってきました。南岸の低圧部の影響で、未明から明け方頃までは、雲多く弱い雪または雨の降る恐れはあるものの大きな崩れはないでしょう。

【22木】高気圧が東海上に去り、南海上は気圧の谷となり、北東寄りの冷たく湿った空気の影響を受けやすく、上空1,500m付近の気温もー6℃前後と低いため、雲多く夕方からは弱い雪が降るかもしれません。大雪や積雪になることはないでしょう。

【23金】南海上を低気圧が通過します。これに伴う雪雲・雨雲が東京にかかるかどうかまだはっきりしません。今後の情報に注意ください。