SKY DIARY IN TOKYO

明後日の東京の天気を分析します。

22日、雪に引き続き注意

おはようございます。今日2月17日(土)の東京の日の出: 6時26分、日の入り: 17時24分(国立天文台HPより抜粋)です。さて、下表は今朝5時気象庁発表、東京の週間天気予報です(気象庁HPより抜粋)。以下、気になるポイントです。

f:id:ise_ebi11082:20180217070802j:plain

【19月】高気圧の中心が東海上に去り、湿った空気が入りやすくなります。また、南岸低気圧が西日本に接近し、その前面の活発な雪雲・雨雲が近畿地方にまでかかってきます。この雲はまだ直接関東に降水をもたらしはしないものの、湿った空気の影響で、19日夜遅くから日付が変わる頃先行して弱い雪が降り出す可能性があります。

【20火】南岸低気圧が接近し、その前面の活発な雪雲・雨雲が、午前3時頃から東京にかかってきそうです。雨・雪判別の目安となる上空1,500m付近の気温は-3℃前後で推移しそうで、地上気温の予想が2~6℃ですので、雪か雨か微妙なところです。未明から昼過ぎ15時頃にかけて雪または雨が降りやすく、傾向的には、はじめ雪で低気圧が近づき気温が上がりやすい昼前後雨が混じるもしくは雨といった流れが考えられますが、現段階での予想ではまだ何とも言えません。今のところ、積雪となる恐れもありそうです。朝の通勤・通学の時間帯に影響が出る可能性もありますので、今後の情報に注意してください!