「東京の週間天気予報」解説

週間天気予報では「☁一時☂」ってなってるけどいつ頃降るのか?そんな疑問に向き合っていきます。

所により?

2017年11月10日朝5時発表 週間天気予報と僕の解説

おはようございます。明日11日、気象庁は「所により☂」と表現してきました。「所により☂」とはその地域の50%未満の場所で雨が降ることを示しています。要するに大半の地域では降らないということですね。確かに11日の雨も、東京の一部の地域でしか降らないかもしれません。ですが、当ブログの解説では、2日前以前の時点から、局所的にしろ東京のどこか(島嶼部は除かせて戴いています。すみません。)で雨の降る可能性があれば、「雨の可能性あり」とお伝えしています。前日や当日でも場所の特定ができないものを、ましてや週間予想レベルで特定できるはずがなく、かといって可能性あるにもかかわらずそれに触れないのは、なんだかなあと思うのです。14日(火)も同様です。ちなみに14~15日は、太平洋の高気圧にブロックされる形で気圧の谷の移動が遅く、少し天気の移り変わりがずれるかもしれません。

f:id:ise_ebi11082:20171110051209j:plain