「東京の週間天気予報」解説

週間天気予報では「☁一時☂」ってなってるけどいつ頃降るのか?そんな疑問に向き合っていきます。

ご無沙汰してました!

おはようございます!4日間ご無沙汰してました。本業が忙しかったのでブログに手が回りませんでした。すみませんでした<(_ _)>これからは、今までのように表形式ですべての日にち・時間帯について解説するのはしんどいし、見づらいと思いますので、気象庁の週間天気予報の中で、気になるポイントを記していきます。

 

f:id:ise_ebi11082:20171205053424j:plain

さて、上は今日朝5時気象庁発表の東京の週間天気予報です。5日と6日分以外は、昨日の午前11時に発表された内容をそのまま引き継いでいます。この中で自分が気になった点を取り上げていきます。

【今日】☀一発ですが、上空約5000m付近にー24℃前後の強い寒気を伴った気圧の谷が午後近づきます。このため、晴れるものの午後は雲広がりやすくなると考えます。ちなみに横浜地方気象台の神奈川県東部の予報は「☀昼過ぎから夕方☁」となっています。

【6日】寒そうですね。予想最高気温10℃で、今日の予想最高気温より5℃も低い。草野球があるのですが・・・。暖かくしてお出かけください。

【8日】☁で降水確率40%、信頼度Cという、微妙な予想です。本州付近を気圧の谷が通過しますが、雨雲のまとまりは日本海側が主で、太平洋側はそれほど発達しないという予想ですが、最新の予想により☂マークがつくかもしれないところです。

【10日】☁時々☀の予報ですが、高気圧と高気圧の狭間となり南から湿った空気が入りやすくなります。大きな崩れはないものの、にわか雨が降りやすい場ではあります。