東京の空

東京の空の観察日記です。

2018年8月14日夕方の空

16:06                                                                     16:30

 f:id:ise_ebi11082:20180814213552j:plain              f:id:ise_ebi11082:20180814213516j:plain

非常に分かりづらいんですが、左の写真の中央下のもくもくした雲(発達中の積乱雲)が、右の写真では消えて、もとあった位置のやや右側に頭打ちされたようなべたっとした雲となって変わっていました。この30分足らずの間にさらに上空に伸びようとした積乱雲が上層の大気が安定した層にぶつかりそれより上にいけずに横に広がったと見られます。上層の大気が安定しているとは、相対的に暖かい空気があるために、下層から上がってきた空気がそれ以上対流できずに上にいけないことを意味します。この日、東京では昨日のような夕立にはなりませんでした。


    

平成30年7月13日(金)~7月19日(木)の東京週間天気

「今朝の空」  

f:id:ise_ebi11082:20180713082734j:plain

下の表は、平成30年7月13日朝5気象庁発表、東京の週間天気予報です。日毎に細かく見ていきます。   

f:id:ise_ebi11082:20180713080848j:plain

 

【7月13日(金)】上空の気圧の谷が通過するため、午前中は雲多いですが、午後は次第に晴れそうです。

【7月14日(土)】高気圧の勢力強まり、概ね晴れそうです。。

【7月15日(日)】上空寒気の影響で大気の状態がやや不安定になりそうです。予報変わってくるかもしれません。

【7月16日(月)】北日本に上空の気圧の谷が停滞傾向となりますが、東京では雲広がりやすいものの概ね晴れそうです。

【7月17日(火)】引き続き北日本に気圧の谷が停滞し、東京でもやや大気の状態が不安定となりそうです。日中晴れ間も出ますが、午後はにわか雨があるかもしれません。

【7月18日(水)】北日本の気圧の谷がゆっくり東海上に抜けていくため、雲多めながらも次第に晴れる見込みです。

【7月19日(木)】気圧の谷が東海上に抜け、雲多めながらも概ね晴れる見込みです。

平成30年7月11日(水)~7月17日(火)の東京週間天気

「今朝の空」  

f:id:ise_ebi11082:20180711083117j:plain

下の表は、平成30年7月11日朝5気象庁発表、東京の週間天気予報です。日毎に細かく見ていきます。   

f:id:ise_ebi11082:20180711083246j:plain

 【7月11日(水)】上空寒気の影響で、10日よりさらに大気の状態が不安定となるため、15時頃からは広い範囲で雷雨となるところがある見込みです。

【7月12日(木)】太平洋高気圧の窪みのようなところに入り、上空寒気や湿った空気の影響で大気の状態が不安定となり、午後を中心に雷雨の恐れがありそうです。

【7月13日(金)】上空の気圧の谷が通過するため、朝の内は雲多く雨の恐れもありますが、日中は概ね晴れそうです。

【7月14日(土)】高気圧の勢力強まり、概ね晴れそうです。。

【7月15日(日)】高気圧に覆われ、概ね晴れそうです。

【7月16日(月)】北日本を気圧の谷が通過するため、雲広がりやすいものの、東京で天気が大きく崩れる可能性は、今のところ低そうです。

【7月17日(火)】弱い気圧の谷の影響で、雲広がりやすいものの、東京で天気が大きく崩れる可能性は、今のところ低そうです。